福井大学ワンダーフォーゲル部OB会福井支部

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012.11.3 日野山調査

2012.11.3 大関氏と日野山調査登山     橋本WROTE

今日は生憎の曇り空でしたが、大関氏と橋本の2名で越前富士の日野山へ登りました。近くにいても大関氏は初めてで僕も3回目ですがもう忘れた頃の登山以来でした。
 今回は、深田久弥も登った萱谷(日野山の最も東からの登山口)から登り、最も登山者の多い西側の中平吹町、日野神社に下山コースを登ってみました。今回は大関氏ガーミンで記録を取り、写真を撮りながら登り2時間半、下り1時間半の合計4時間のコースでした。登りの萱谷コースは割合傾斜も緩く歩きやすいコースでしたが、帰りのメインの下りは、昭和57年頃に山頂の社殿を建てるとき、資材運搬用に重機で道を切り開き運搬した為、かなりまっすぐな道で、雨上がりでもあった為滑りやすくあまりお勧めではないコースです。「古道」と書いた看板も登山口付近には見ましたが、ずっと新道と旧道が入り交じり少々分かりにくい登山道です。土曜日とあって、団体や、若い人や、82歳の老人や、常連の犬を連れて来る人などで賑わっていました。山頂の小屋には、素足で良くわかりませんがいつも裸で登った人の3000回の札が真新しく飾ってありましたが、この人は最近亡くなられたと言ってました。山頂はほぼ360度のパノラマですが、今日は生憎の曇り空で近郊の山々しか見えませんでしたが、また後日天気の良い日に撮りに来たいものです。
 以下に今回の道中の写真を順次載せておきます。次回また天気の良い日に別ルートから登りたいと思ってますので、参加希望者は橋本まで連絡下さい。今月中頃の天気のよい日の平日午前中に登りたいと思ってます。



DSCN0310_convert_20121103202548.jpg
萱谷の登山口付近

DSCN0312_convert_20121103202758.jpg
スタート3000m標示

DSCN0322_convert_20121103202851.jpg
尾根に上がった所からの眺望(越前市街を望む)

DSCN0323_convert_20121103202937.jpg
宮谷からの分岐(この辺はゆるい勾配の登山道が続く)

DSCN0330_convert_20121103203032.jpg
西谷、荒谷からの分岐(この辺もゆるいアップダウンが続く)

DSCN0331_convert_20121103203120.jpg
あと頂上まで300mの急坂

DSCN0341_convert_20121103203157.jpg
頂上から部子山方面を望む

DSCN0342_convert_20121103203231.jpg
3000回素足登山の西川豊作さんの記念札

DSCN0343_convert_20121103203309.jpg
常連登山者のワンちゃん

DSCN0347_convert_20121103203354.jpg
「比丘尼ころがし」と呼ばれる急な登山道

DSCN0353_convert_20121103204410.jpg
旧道と新道の分岐が多い

DSCN0357_convert_20121103204444.jpg
室堂休憩所(水場あり)

DSCN0361_convert_20121103204705.jpg
右は古道、左は新道(82歳の常連登山者も元気だ)

DSCN0363_convert_20121103204618.jpg
風情のある古道の地蔵様

DSCN0368_convert_20121103204745.jpg
右は古道、左は新道

DSCN0373_convert_20121103204829.jpg
中平吹の登山口付近の道標

DSCN0374_convert_20121103204907.jpg
中平吹コースの案内板(日野神社境内)

DSCN0375_convert_20121103204949.jpg
日野神社の入り口鳥居


後日GPSデータを掲載します。



スポンサーサイト
  1. 2012/11/03(土) 20:05:28|
  2. ワンデリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。