福井大学ワンダーフォーゲル部OB会福井支部

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

創立ワンデリング2014

去る10月18・19日に加越国境で
創立ワンデリングが行われました。


IMGP1713s.jpg
この画像は赤兎山からみた白山御前峰です (K島さん提供)

今年の創立ワンデリングはワンデリング参加者で48名

内15名がワンゲル現役の大学生の方々ということで、平均年齢が例年になく低い年でした。

ワンデリングは取立山・赤兎山・大長山の3つにわかれて登りました。


取立山

!cid_3497885991_44157.jpg
画像提供・名古屋支部Hさん

大長山

IMG_2996s.jpg
画像提供・名古屋支部N本さん



赤兎山

IMGP1697s.jpg
画像提供・名古屋支部K島さん

秋晴れの良いワンデリング日和での山行だったと聞いています。

IMG_3005s.jpg

IMGP1712s.jpg
赤兎山から見えた御嶽山の噴煙(画像提供・K島さん)

尚、東山いこいの森での様子はこちら東山いこいの森の仙人ブログにて紹介がありました。
土曜の様子
日曜の様子
さらに後日談
スポンサーサイト
  1. 2014/11/09(日) 21:19:18|
  2. ワンデリング
  3. | コメント:0

平成26年度FUWVOB会の総会後案内

FUWV-OB会 会員、理事、本部役員、支部役員  各  位 
                               平成26年5月26日  FUWV-OB会 会長 石田典一

       平成26年度理事会,及び定例総会開催のご案内

 新緑の爽やかな5月も後半となり、初夏6月の声も目前に近づいてまいりました。
FUWV-OB会の皆様方に於かれましてはお元気でお過ごしのことと思います。
東日本大地震から早3年が過ぎ、被災者の皆さんも幾らか回復の兆しがみえつつありやにも聞こえてくることは何よりです。4月からは消費税8%になり、アベノミクスも安定しない中で、TPP/日本を取り巻く環境等マダマダ落ち着かない状況のこの頃です。
 つきましては、標題の件に関し、下記の如くご案内を致します。
理事及び本支部役員の方々のご参加はもとより、一般会員の総会への参加声掛けもお願い致します。尚メール会員にはメールで、一般会員にはHP・ブログ等で案内を予定していますのでご了承いただきたいと思います。
昨年よりほぼ同時期で1日早い7月第1週末に設定致しましたのでご了承を戴きたいと思います。会場は例年の通り六呂師山荘です。

                記

1. 理事会の開催:7月5日(土)pm5:00~6:30 ( 六呂師山荘会議室にて )
   懇親会:7月5日(土)pm6:30~(山荘は2時から開場)     
   総会の開催:7月6日(日) am9時00~pm2:00 (解散pm3時 )

2.参加費:懇親・総会に参加(3千円)、総会のみ(千円)、懇親会のみ参加(2千円)

3.参加者:本部・支部役員・理事・一般OB会員、現役3役・FUWV部顧問  
    
4.主な議題:
①H25年度活動報告&会計報告・H26年度活動計画&予算
②六呂師山荘委員会(報告と予定)
③各委員会関連事項(福井の山と半島・ネット委員会)
④会則及び会員に関する事項
⑤役員の改選(平成24年度改選…任期2年)
⑥その他(支部提案・報告事項・お願い事項)
 ※上記の議題に従い、OB会・現役夫々H25年度活動報告・H26活動計画、及び各委員会報告・各種提案課題等に関し予め準備した資料に基づいて進行致します。
※創立・支部交歓ワンのH25報告・H26計画を夫々担当支部にて行うこととします。
(追記)理事会は本部支部役員及び会員の中から選任された方々34名で構成され、総会成立は委任状を含めて理事の過半数以上の参加が必要です。別便にて「参加の可否と委任状用紙」を事務局から直送しますので必ず返送をお願います。 
  
   
  1. 2014/06/02(月) 14:51:34|
  2. ワンデリング
  3. | コメント:0

夏恒例の白山登山

塚田氏企画の恒例の夏々白山登山
                                              橋本wrote
去る8月18-19日に白山に行ってきました。今年は例年になく暑い日が続き、この日も猛暑の中、塚田氏、塚田氏の地域の同僚、川端氏、大森氏、橋本の5人。今年も昨年同様南竜のヒュッテを借りて、松岡の前川かしわ店の鶏肉などとビールをかつぎ、焼肉パーティーを楽しみに登山。
 福井を9時半に、川端氏の車と塚田氏の車に分乗し出発。途中白峰の志んさで栃餅を予約して挨拶を交わし市ノ瀬へ。この日は12時から別当出合までの車の乗り入れが可能になる為、少し待って12時から別当へ向かう。

12:30登山開始

13:30中飯場

15:30甚之助小屋

16:30南竜に到着

翌19日

7:30山頂へ向かう

9:10トンビ岩

10:00室堂

11:00山頂

12:00室堂にて昼食、その後下山

13:30甚之助小屋

14:30別当出合

16:30御前荘にて温泉に入り清算をして解散




DSCN1509_convert_20130822203157.jpg
出発前にパチリ!

DSCN1511_convert_20130822203038.jpg
中飯場にて

DSCN1512_convert_20130822203515.jpg
甚之助小屋前にて

DSCN1519_convert_20130822203356.jpg
南竜ヶ馬場

DSCN1524_convert_20130822203619.jpg
宿泊の今宵の宿

DSCN1525_convert_20130822203713.jpg
ヒュッテの内部

DSCN1527_convert_20130822203758.jpg
ヒュッテ前にてBBQ

DSCN1539_convert_20130822203919.jpg
朝出発前

DSCN1542_convert_20130822204001.jpg
トンビ岩コースの花畑にて

DSCN1545_convert_20130822204056.jpg
トンビ岩にて休憩

DSCN1547_convert_20130822204146.jpg
遅いクロユリの花

DSCN1548_convert_20130822204317.jpg
残雪と山頂

DSCN1551_convert_20130822204415.jpg
室堂前にて昼食

DSCN1555_convert_20130822204509.jpg
帰りの甚之助小屋での休息

今回は特に暑い日々で、道中の暑さには全員お疲れ!しかし南竜では20度前後のすがしがしい気温で、夕方の日没はきれいに見えましたが、日の出はガスで見えません、いや見にも行きませんでした。雨もなく、余り風もなくの穏やかな登山日和で、前日の土・日曜日はかなり込んでいたようですが今回の日・月曜日はだいぶすいてるようでした。

来年はもっと多くの参加を希望しています!!!
  1. 2013/08/22(木) 20:07:07|
  2. ワンデリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

念願の鳥海山登山へ


名古屋高瀬氏の企画で鳥海山へ

去る2013.8.11-13にかけて、名古屋支部の高瀬氏のはからいで、大阪支部の岡部氏、福井支部の川端氏、橋本の4人でそれぞれの思いを持って鳥海山に登山しました。今回は高瀬氏の発起・準備で、前日の荒れ模様とは異なりまあまあ天候にも恵まれ爽快な登山でした。僕自身も東北は遠くてなかなか行きにくいと思ってましたが、意外にも高速道路もかなり整備さて福井から約590km、約9時間の行程で新潟からは約1時間ほどは一般道路で、4人でゆっくりのドライブで、登山口の鉾立山荘に夜7:00頃には到着。この登山口のすぐ横の山荘に素泊まりして翌朝出発し、2日目は山頂の御室小屋に泊まり、3日目朝早くから下山。帰りは吹浦の鳥海温泉にて汗を流し、一路福井へ。夜8時には福井駅にて解散。



~鳥 海 山 登 山 計 画~ 

 参加者 4名  岡部、川端、高瀬、橋本
 日程 平成25年8月11、12、13日

8月11日
 福井駅東口 集合 9時45分  岡部 9時35分着、高瀬 9時15分着
 現地(酒田)までの、行程
 福井発 10時(川端車にて)
 福井IC~小矢部JC~有磯海SA(昼食)12時~12時30分
   164.4キロ (北陸高速)
 有磯海SA~上越JC~長岡JC~栄PA(休憩)14時30分
 175.1キロ (北陸高速)
 栄PA~新潟中央JC~朝日まほろばIC(休憩 道の駅朝日) 16時  
 106.1キロ (北陸高速) (日本海東北自動車道)
    小計   446.5キロ 
 朝日まほろばIC~あつみ温泉   17時     約52.0キロ (国道7号線)
 あつみ温泉IC~鶴岡JC~酒田みなとIC  55.0キロ (日本海東北自動車道)
 酒田みなとIC~吹浦(道の駅鳥海夕食)18時~18時30分 
     約16キロ(国道7号線) 
                     小計   123.0キロ 
                     合計   569.5キロ
 吹浦~鉾立山荘(鳥海ブルーライン)  1時間 19時30分到着予定
    鉾立山荘 素泊まり  1370円 /人

8月12日(鉾立コース)
 朝 7時発
 鉾立山荘駐車場~尾根渡り(40分)~賽の河原(40分)~御浜小屋(40分)~    
 鳥海湖(20分)昼食(2時間20分)   
 鳥海湖~御田ヶ原分岐(25分)~七五三掛(30分)~御室小屋(90分)  
 (2時間25分) 泊まり     合計コースタイム4時間45分
 御室小屋 1泊2食付き  7350円/人


8月13日(鉾立コースを戻る)
  朝 5時発
 御室小屋~新山(20分)~七高山(20分)~行者岳(20分)~伏拝岳(10分
 ~文殊岳(10分)~七五三掛(30分)~御田ヶ原分岐(15分)~御浜小屋(25分)~賽の河原(20  分)~尾根渡り(30分)~駐車場(20分)
 合計コースタイム 3時間40分

 9時30分 駐車場着
 10時発  吹浦 11時着  昼食 鳥海温泉入浴
 12時 吹浦発
 吹浦~酒田みなとIC(国道7号 16キロ)
 酒田みなとIC~あつみ温泉IC(高速 55キロ)
 あつみ温泉IC~朝日まほろばIC(国道 7号 52キロ)
       (休憩 道の駅 朝日)14時~14時10分 小計 123キロ
 朝日まほろばIC~新潟中央JC~長岡JC~上越JC~名立谷浜SA
         (小計 206.2キロ)(休憩 16時40分~17時)
 名立谷浜SA~小矢部JC~福井IC(小計 247.1キロ) 
 福井IC着 20時
 福井駅着  20時30分    しらさぎ 20時55分
  *名立谷浜SA~小矢部JC~金沢IC(164.1キロ)19時
   金沢駅19時30分  しらさぎ 20時05分

食 料 装 備 計 画

 11日  昼、夜とも 外食
 12日
    朝  おにぎり各自 2個 他おかず (前日の途中にて、購入)
       インスタント味噌汁  4個
    昼  ラーメン 4個
       ハム   8枚
       果物 オレンジ 2個
          プラム  4個
    夜  小屋食

 13日
    朝  小屋食
    昼(行動食兼用)
    クラッカー 1箱 
    果物 りんご 4個
    アメ    2袋
    レモン  2個
    コーヒー  8袋(モンカフェ) 高瀬
    ポカリ   4袋
    つまみ兼用 チーズ、ピーナツ、柿の種
    その他  各自非常食
    水 各自2~1.5リットル
    酒類各自
      
団体装備
    コッフェル(4~5人用)    1(高瀬)
    ガスコンロ           2(川端、高瀬)
    個人装備は、いつもの通り

    その他 11日の夜用 寝袋(車に置いておく)
    入浴後の着替え1式(車に置いておく)


2013.8.11-13 鳥海山登山ルート
GPS実績下りのルート(赤い線)、青線は御浜分岐から追記での登り、オレンジ線は途切れた部分追記。
 
DSCN1436_convert_20130814123415.jpg
鉾立登山口の駐車場

DSCN1442_convert_20130814122528.jpg
出発前にパチリ!

DSCN1443_convert_20130814122726.jpg
登山道案内

DSCN1444_convert_20130814122827.jpg
登山口にて

DSCN1446_convert_20130814124013.jpg
眼下には深い谷

DSCN1447_convert_20130814123548.jpg
最初は尾根伝いに

DSCN1451_convert_20130814123735.jpg
ところどころに雪渓が残る

DSCN1452_convert_20130814123923.jpg
樹林帯を越えるとなだらかな斜面が続く

DSCN1458_convert_20130814124241.jpg
鳥海湖を望む

DSCN1461_convert_20130814124325.jpg
御浜小屋

DSCN1475_convert_20130814124416.jpg
雲の切れ間に険しい山頂が・・・・

DSCN1479_convert_20130814124453.jpg
高山植物に囲まれ昼食!

DSCN1480_convert_20130814124830.jpg


DSCN1481_convert_20130814124536.jpg


DSCN1482_convert_20130814124926.jpg


DSCN1486_convert_20130814125033.jpg
高山植物の高原に木道が真新しい!

DSCN1488_convert_20130814125130.jpg
七五三掛

DSCN1497_convert_20130814125230.jpg
山頂間近か・・・

DSCN1500_convert_20130814125434.jpg
鳥海山大物忌神社入り口

DSCN1499_convert_20130814125331.jpg
御室小屋の内部

DSCN1501_convert_20130814125526.jpg
夕方には夕日が見えるが、明朝はガスと風でご来光は見れず!

DSCN1507_convert_20130814125609.jpg
山頂にてパチリ!
  1. 2013/08/14(水) 12:16:44|
  2. ワンデリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

文殊山に深田久弥の落書きが?

久方ぶりにブログに投稿 橋本wrote

 今日の福井新聞に、下記の文面が出てきており、久方ぶりに話題の少ない時期なのでお知らせしておきます。福井の方は、たぶん、見ておられると思いますが、他地区の方に是非見てもらえたらと思います。下記の切抜きをお読みください。
 しかし、発見者の住職、徳毛氏がよく深田久弥氏の落書きなどの記録があると思って本堂を探したことか?我々、特に自分にとっては思いつかない考えですね? そして、それが30分もしないうちに見つかるなんて、何か住職と深田久弥氏との間に何か時空を超えた「思い」と言うか、そんなものが、多分当時若干15~16歳の青年深田久弥氏と、現在66歳の住職の間に、約80年くらい後のこの時期に繋がったと考えると、何か人間の「思い」の計り知れない偉大さ、不思議な力を感じさせてくれます。
 この記事でまた「深田久弥氏を登山へ導いた山」、「深田久弥の勉学遊山の山」として全国から多くの人々が文殊山に来られ、銅像でも建つかも!!!


        2013 福井新聞切り抜き
  1. 2013/01/25(金) 17:52:58|
  2. ワンデリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。